忘年登山2016 藤原岳ーTREK

前回の御在所岳登山から約2カ月、久しぶりのブログ更新です。 ここのところもう一つの趣味のロードスターの遊びに夢中になっていました。 その為ブログも「みんカラブログ」へ車ネタ中心でアップしておりました。 興味ある方は下記をクリックしてみてね~。 恒例になりつつある友人Y氏とF氏との年末登山の様子をお伝えします。 行き先は三重県の鈴鹿山脈の北に位置する藤原岳。 実は昨年も年末登山としてここ藤原岳に今…

御在所岳 本谷ルートーTREK Vol2(後編)

中登山道の本格的な登山道を下って行きます。 画像でもわかるように空は薄曇りになって景色も霞んできました。 明日は天気悪そう・・・ しかし周りの木々を見ると紅葉に包まれていて秋本番って感じですね。 遥か下に藤内小屋も見えます。 中登山道は御在所岳では一番メジャーなルートですがこのように梯子や ロープ、鎖なんかも出てくる割とハードなルートです。 私はそんなルートの方が好きですが・・ とある鎖場で対向…

御在所岳 本谷ルートーTREK Vol2(中編)

本谷ルート最上部まで登ってきました。 目印となる白い鉄塔もかなり下に位置していますね。 ただし大黒岩までは最後の一登りが待っています。 この画像の右に位置しているほぼ垂直の岩壁の上に大黒岩は位置しています。 ここから大黒岩を目指し登ります。 ここにもロープが下がっています。 この先は崖を登るようなルートでロープ使わないで登るのはかなり 辛い感じです。 しかし、ここまで来たら意地でロープは使いませ…

御在所岳 本谷ルートーTREK Vol2(前編)

季節はすっかり秋になりましたね。 この夏に2度チャレンジした北アルプスの槍ヶ岳はもう初雪が降ったそうです。 ってことで地元での登山の季節になりました。 地元鈴鹿の山は春に登った雲母峰以来です。 その時は非常に蒸し暑くしかもヒルの猛攻をくらい、今まで鈴鹿の山から遠ざかって いた原因にもなりました。 10月中旬の休日、天気は申し分ない秋晴れ、鈴鹿山脈も非常に奇麗に見えます。 今回の山行の予定は前日ま…

槍ヶ岳ーTREK リベンジ編6

南岳新道の見晴らしの良い尾根ルートを下って行きます。 結構な急斜面ですが見晴らしが良いので気分良く下って行けます。 途中見つけた救急箱。 これと同じものを飛騨沢でも見かけました。 山小屋の方の好意で置いてもらっているようです。 ここに書いてある靴のソールのはがれは結構あるようですね。 この山行中でも一人テープぐるぐる巻きの靴の方見かけました。 靴も車のタイヤと同じで溝があれば良いってものじゃない…

槍ヶ岳ーTREK リベンジ編5

常念平でザックを下ろし地図を出してコースタイムを確認します。 ここ南岳小屋から向かいに見える北穂高小屋まで3:30 現在の時刻は8:40。大キレットの通過だけを考えたら充分時間の 余裕はあります。 ただし北穂高まで進むと下界へ下りるには涸沢経由の上高地か 穂高岳山荘まで縦走で南下し新穂高へ下るルートになってしまいます。 どちらのルートも本日中には下界にはたどり着けそうにもありません。 大キレット…

槍ヶ岳ーTREK リベンジ編4

翌朝 5:00起床 5:30からの朝食に備え着替え、ザックへの荷物のパッキングなどを行います。 やがて館内放送で朝食の準備が整ったとの放送があり食堂へ向かいます。 こちらが食堂です。かなりの席数ですね。 朝ごはんのメニューはこちら。 カレイの煮つけメインでオクラや卵焼き他です。 いつものようにご飯、味噌汁はおかわりしました。 朝食後、受付で昨日頼んだお弁当を受け取ります。 前回同様のお弁当と思わ…

槍ヶ岳ーTREK リベンジ編3

休憩もなしに、ザックを山荘脇にデポしてアタック開始です。 前回7月にここへ来た時は全く槍の穂先は見えませんでしたが今日はすっきり 見えますね、この2カ月間この時をずっと夢見ていました~。(ちょっと大袈裟) 槍の穂先の登り口。 まずはザレた斜面を踏み跡に沿って進みます。 前方には誰もいません、良いタイミングでアタック出来ます。 ここからいよいよ穂先へのクライミングの開始です! と言っても写真で見る…

槍ヶ岳ーTREK リベンジ編2

2日の朝、午前4時半少し前に携帯アラームより先に目覚めました。 昨晩は両脇に寝床を共にしたおじさま達の強烈なイビキがステレオサウンド となってなかなか私の安眠を許してはいただけませんでした。 そんな中、明日も今日のような雨の一日だったら耐えられるだろうか、 もし、そんなんだったら千丈沢乗越から飛騨沢へエスケープして新穂高へ 下山するか、はたまた出発時から土砂降りだったらそのまま下山しようか・・ …

槍ヶ岳ーTREK リベンジ編1

大変お待たせしました。 遡ること2カ月前の7月に槍ヶ岳登山チャレンジしたのですがあまりの悪天候で 槍ヶ岳山荘まで登るも登頂を断念せざるを得なく、下山しました。 その時の様子は下記をご覧ください。 その悔しくも未踏に終わった槍ヶ岳の登頂のリベンジの様子をお伝えします。 今回は前回と違い前泊はしません。前回と同じルートでは面白みに欠けるので 違うルートのプランを立てました。 早朝出発の山小屋2泊する…