LEKI トレッキングポール購入

久しぶりのブログ更新です。 ここのところの休日はもう一つの趣味の車やら釣りやらにうつつを抜かし山に 行けてません。 しかし山に興味無くなったのではありませんよ~。 この冬はスノートレッキング用にスノーシュー(モンベルスノーポン)を購入し 冬山登山の魅力に取りつかれてしまいました。 しかし、冬山の装備はまだまだ持っておらず揃えて行きたく思ってますが冬山対応 の装備ってのは夏のものに比べすべてにおい…

雪の竜ヶ岳ーTREK(後編)

お待たせしました、 後編です~! アイゼン装着してストックフル活用で急斜面を登ります。 ある程度登って落ち着けるところで止まって振り返ってみます。 斜度はこんな感じ。 本来の登山道は何処に付けられているのかな・・・? この斜面の下に人影が見えますね。 先ほど追い抜きてきたそり遊びをしていた女性2人組みの方々ですね。 この斜面の下でもスマホで写真撮ったりしてキャピキャピ(表現古い?(笑))して ま…

雪の竜ヶ岳ーTREK(前編)

前回の入道ヶ岳でのルートロスでの撤退で雪山のハードルの高さを 痛感した今日この頃。 その後は日々春らしい日も増えて山の雪も少なくなっていそうだったので 再度雪山へチャレンジしようと考えていました。 前回と同じ入道ヶ岳へのリベンジも考えたのですが新鮮味に欠ける感じが したので別の山を探しておりました。 そこで考えた結果は竜ヶ岳へのチャレンジです。 このブログにいつもコメントくださる私の大先輩の90…

アウトドアリサーチ バーグスゲイター購入

雪山アイテム一つ追加しました。 ゲイターといわれる物。 雪が靴に入らないようにする物なのです。 写真は同じメーカーのクロコダイルゲイター。 デザインは今回購入したバーグスゲイターとほぼ同じですが 写真の物はゴアテックス仕様でお値段がちょっとお高いです・・ 以前の石榑峠でのスノートレッキングの時のようなラッセルをする時には必要ですね。 昨年の冬季通行止めシリーズでの雪の武平峠へ行った時はこれを 付…

雪の入道ヶ岳ーTREK Part2

先週のきらら峰のスノートレッキングで気をよくした私はさらなる雪山への チャレンジをしたくて行ってきました。 行き先は入道ヶ岳。 ちょうど1年前に友人Y氏と雪中登山を慣行した山です。 なので題名もPart2とします。(どうでも良い?) 一年前は登山の冬装備は全く持ってなく冬山経験もゼロな2人が 無謀にもチャレンジしてルートロスしながらもなんとか根性だけで 登頂出来きました。 その様子は下記をクリッ…

雪のきらら峰ーTREK(後編)

いよいよ登山道へ足を踏み入れます。 登り口は斜面に対しトラーバース気味に登って行くので斜度はたいしたことありません。 奇麗に植林された杉林の中にグライダー搬送用のトロッコ?が雪に埋もれてます。 深い雪の斜面と踏み跡に沿って登って行きます。 踏み跡はだんだん斜面に対して垂直に登って行きます。 なので必然的に斜度は急になってきます。 斜面を横から見るとこんな感じ。 斜度30°ほどはあるのではないでし…

雪のきらら峰ーTREK(前編)

前回の石榑峠へのスノートレッキングで雪山の楽しさを知ってしまい 今度はもうちょっと登山らしい所にチャレンジしたく思いまたもや スノーポンを持って行ってきました。 行き先は昨年の春にMTBでチャレンジしたキララ峰。 石榑峠のスノートレッキング一回目の時に本当はこの山へ行こうとしていました。 しかし前日の下調べでキララ峰のたもとの林道へは我がビアンテでは進入出来ない 程の積雪があり断念しました。 な…

冬季通行止峠シリーズ石榑峠ーTREK(リベンジ後編)

深そうな雪の上を越えて峠に到達しました。 この石榑峠は鈴鹿山脈の縦走路を横切っています。 この竜ヶ岳、釈迦ヶ岳も冬以外は登ったあります。 冬も登ってみたい~。 三重と滋賀の県境です。 昔は滋賀県永源寺町の看板だった気がしますが、いつの間に東近江市になったの? 11:50 石榑峠到達。 酷道マニアの間では超メジャーな石榑峠のコンクリートブロックの門。 よく皆こんなところを通っていたものだと感心しま…

冬季通行止峠シリーズ石榑峠ーTREK(リベンジ前編)

お待たせしました!前々回のブログのリベンジ編です。 前回スノートレッキングと意気込んで向かった冬の石榑峠でしたがあまりの積雪で、 まさに手も足も出ない状況になってしまい1時間半で退散してしまったのでした。 その後、やはり雪山にはそれ相応の装備が必要だと痛感し悩み悩んでモンベルの 「スノーポン」というスノーシューを購入することに。 その詳細は前回のブログにアップ中なので気になる方はご覧くださいね。…

モンベル スノーポン購入

久しぶりのアイテム追加の報告です。 前回の石榑峠のスノートレッキングでの惨敗があまりに悔しく、あの日以来 スノーシューの事が常に頭から離れませんでした。(ちょっと大袈裟) 先シーズンも欲しいと思いながらも春になってしまい購入するタイミングを 逃していたので今シーズンは必ず購入しようと心に決めました。 で、登山の雑誌やインターネット等で色々調べること約2週間。 悩みに悩みました。 スノーシューと言…