ラドウェザー センサーマスターⅣ 購入

今日は梅雨に入ってからの1週間ぶり位の雨。
せっかくの休日ですが朝から土砂降りの雨なのでインドアーでゆっくりします。




で、いきなりですが、先日購入した「山と渓谷」という雑誌。


毎年この時期になると登山系の雑誌をみると「北アルプス岩稜ルート」って文字が
目に入ります。
ルートなんてものは毎年変わるものではないのでルートの記事自体は目新しい
ものは何もないのは分かっているのですがついつい買っちゃいます・・(笑)




その雑誌のページをめくりはじめてすぐに目に留まったのは・・・


ラドウェザー「センサーマスターⅣ」って商品の広告。
なにやらコンパスや高度、気圧計など表示出来るグッズらしい。
アウトドア好きには気になる機能が盛りだくさん、しかも税込3740円と
リーズナブルな価格。
購入は楽天等インターネットでも購入可能とのこと。



さっそくネットで「検索~!」



ありました~!
6つの機能どれも登山に約に立ちそう。良いじゃないですか~。


で、楽天ショッピングで探してみると・・・・





でました~。
なにやら期間限定の「楽天スーパーセール」とかでなんと!74%OFF!


安~!!・・・


ん~・・・、7920円オフなんてびっくり価格ですが・・・


ちょっと待って・・・・


小さな字で「メーカー希望小売価格10600円」って?


山と渓谷の雑誌にはメーカー希望小売価格税込3740円って書いてありましたが・・


まあ、アメリカ製の製品で輸入元が価格設定しているからなのでしょうかね~・・


なんか誇大広告な様な気がしますが、まあいっか、安いことには変わりないから・・


ってことで、「ポチっとな~」しちゃいました。





で、2日後昨日、自宅に届きました~。
私、知りませんでしたが、ラドウェザーってアウトドア腕時計で結構有名なのですね。
機能はカシオのプロトレック並みの機能で価格は1ケタ違い位の安さ・・・
まあ、なんでもそうですが価格差はそのまま性能差だと思いますが。


そんなメーカーのそんな商品ですが、所詮遊びの為のグッズで無くても問題のない物
なのと万が一失敗しても笑える金額なので良しとします。





早速箱から出して初期設定します。
見た目はや大きさは自転車に取り付けるサイクルコンピューターの様な感じ。
アメリカ製ですがちゃんと日本語表記の取り扱い説明書が入っているので安心です。





初期設定完了後、コンパスを確認してみます。
ラドウェザーは北を左真横に指しています。
アナログコンパスはというと見ての通りです。
ややずれていますね。ラドウェザーのコンパスの針の動きは15°刻みしかなく
どうしてもそれ以下の表示はいい加減になってしまうようです。
なのでラドウェザーのコンパスはある程度の目安ってくらいの物ですね。





次は「気温、湿度」確認してみます。
自宅壁に付けられたアナログの温度と湿度計と比べてみます。
アナログ計はかなりアバウトな目盛なので何とも言えない感じですが、大きく差は
無いように感じますね。





右上の数字が現在の気圧、1001.2/hpa
この気圧の変動から天候の変化を予測するそうですが何処まで正確かは不明。
ちなみに今後の予測は「晴れ時々曇り」の表示です。
確かに本日午前中は大雨でしたが午後の今になってほぼ雨は上がっています。
この先晴れ間が出てくるのかな~・・





次に高度計を確認します。
比べるのは、いつものSONYのハンディーナビ、GPS機能付きのリコーのコンデジカメラ
そしてこのラドウェザー。ナビとカメラはGPSを基に高度を計測していると思われる
ので、屋内では正確な測定が出来ないと思われます。





ってことで。外は雨も小ぶりになったので愛犬もみじの散歩ついでにすべてのアイテムを持って出かけて標高を検証してみます。
ちなみにこのもみじ、雨は嫌いなのでなんか浮かない顔してますね・・・(笑)





で、散歩から帰ってきました。
自宅玄関で各アイテムの表示を確認してみます。





まず、ラドウェザー。
標高29m表示。若干の数値の変化はありますがおおよそ30m前後を表示しています。





次にソニーのハンディーナビ。
標高30m表示。同じく若干の数値が変化するときはありますがほぼ30mを表示。





最後にリコーのコンデジカメラ。
標高125m。
え~~!我が家はそんな丘の上に建ってませんよ~~!!
我が家の地区のハザードマップをネット調べてみると標高約30mと書かれています。
なので、ラドウェザー、ソニーのナビ共に測定方法が違うにも関わらず結構正確に
表示していることがわかります。
それに引き換えリコーのGPS付きのカメラ精度はどうでしょう・・
まあ、カメラのおまけ機能なのでいたしかたないと言えばいたしかたないのかも
知れませんが・・・


しかしです!、わざわざ高いお金だしてその時のシリーズの中で一番良い物を買った
にも関わらずこんな状態に納得がいかずリコーのカメラの取説を読み返しました。


すると、標高の計測は圧力センサーを使い計測している、なのでラドウェザーと
同じシステムでした。
ってことはこのカメラにも初期設定が必要なのかも?と思い調べると、
ありました。設定画面で現在の標高を入力するところが。
これを基準に気圧の変化を読んで標高に換算して表示をするのですね。
たぶんカメラ買った時からこの設定をしていなかったのでしょう。


で、現在の標高を30mに合わせておきました。



ってことでラドウェザー「センサーマスターⅣ」の実力は?
電子コンパス  15°刻みしか表示されないので正確とは言えない。
気圧、高度計  気圧は何とも判断しづらい所ありますが高度は結構正確。
        という事は気圧も正確ってことになるのかも・・
気温、湿度   ほぼ、合っていると思われます。
天気予測    今の段階では不明、午前中の雨は上がっていますが、太陽が
        顔を出すとは思えない空模様ですが・・・


こんな感じで、機能、精度は金額相応ではないでしょうか?
プロトレックのような高額なアイテムは使ったこと無いので比較しようが
有りませんが・・(笑)


まあ有っても無くてもいい物の様な気がしますが、これからの登山に持って
行こうと思います。
ザックのショルダーハーネスにでもぶら下げてね~。


終わり



PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。