水沢峠ーMTB (前編)

今日は前回の小岐須峠探索時に断念した水沢峠を三重県側より目指します。
前回の項でも書きましたが、私が学生のころはじめてMTBを手に入れた時
に本格的ダート路を走りたくて訪れたことのある林道からアプローチする峠です。
しかし学生の頃なぜこの林道を選んだのかは記憶にありません。
自宅より車でも約1時間かかるところです。その当時は自走MTBなので2時間以上

もかけて来ていたと思われます。
今思えばもっと近場にも色々林道はあるんですけどね・・
余談でしたが、では行ってみましょう。



空はすっかり秋の空です。
四日市と鈴鹿の境にある宮妻キャンプ場を目指します。
途中、お茶の栽培で有名な水沢の茶畑の風景です。



キャンプ場の駐車場で準備します。
秋で涼しくなったとはいえ直射日光はやっぱりまだ暑いので日陰を選びました。



駐車場よりすぐの所で、入道ヶ岳と鎌ヶ岳、水沢峠方面との分岐があります。
水沢峠を目指しますので右側へ進みます。
林道は終点まで進むと入道ヶ岳の7~8合目まで行けると思われます。


5分ほどで鎌ヶ岳への登山口が出てきました。山の地図を見ると鎌ヶ岳にはいくつもの
登山ルートが存在します。その一つの様です。



さっきの分岐すぐに車両通行止めゲートがあります。しかしここは他の林道に比べると
恐ろしい警告看板等はなくシンプルな感じです。しかしゲートはしっかり施錠は
されております。


コンクリ舗装の走りやすい林道です。


なぜか途中に現れた通行止看板、とっくの前に頑丈なゲートで通行止めされて
ましたが・・不思議に思いつつ先へ進みます。



山々はさすがに紅葉はまだまだ先の様です。



林道わきで見つけた巨大岩。休憩するベンチ代りにちょうどいい感じ。



せせらぎ沿いに林道は進みます。



ダート路とコンクリ舗装の繰り返しで登っていきます。


ここの林も綺麗に管理されているようです。


この林道は昔の遺構はあまり目立ちませんがこの石垣は結構古そうな感じです。



水沢岳の登山口が出てきました。水沢峠へのルートの様です。
しかしなぜかポータブルナビの国土地理院の地図ではもうちょっと先に峠への分岐があり
現在位置にはルート表示はされていません。地図を取り出して確認してみますが
山の地図では縮尺が大きすぎて細かな位置は判断できません。
うーん・・なぜだ?ナビの地図が間違っているのか?ま~よくわかりませんが
少し先の分岐を確認しがてらとりあえず林道終点を目指します。



さっきの登山口よりすぐに分岐が現れました。ナビに表示されている分岐
の様です。廃道の雰囲気出ています。さっきの登山道とは別の峠へのルート
でしょうか?けれども地図にもナビにもルートは一つしか表示されてません。
良く分かりませんが、林道終点到着後に再度探索することにして先へ進みます。



鎌ヶ岳への登山ルートでしょうか?地図にもナビにも表示されていません。


相変わらず水量の少ない川です。


年季の入った石垣です。



林道わきすぐに砂防ダムがあります。鉄骨と丸太で作られている様です。初めて見ました。



ここにも出ました!落下したカーブミラー。

やっぱりこの林道もかなり古い様です。



林道わきの斜面でみつけた何かが斜面より飛び出している「珍百景」。
珍百景の音楽を口ずさんで次の画像へどうぞ。





まるで人の顔の石像の様です。
おそらく自然に風雨で浸食されて出来たものと思われます。




だいぶ標高が上がってきました。




斜面の崩落かなり進んでいるみたいです。
砂防ダムが土砂であふれています。



この沢よりエンジンポンプで水を汲み上げている様です。
登ってくるとき路面に車両の新しいタイヤ痕が見られたので林道上部で
工事でもしているようです。汲み上げられた水はホースで林道伝いに運ばれて
工事現場で使用されているのでしょう。



それとさっきから上空をヘリコプターが何度も旋回しています。
それも工事関係のヘリなのでしょうか?




林道を進みます。そのわきにさっきのポンプにつながったホースがあります。



やっぱり通行止めになっておりこの先で工事をしているようです。
林道入ってすぐに通行止めの看板があったのはこの工事の看板のようです。
どんな状況なのか聞こうにもだれもいません。工事の機材の音だけが聞こえてきます。
しばらくキョロキョロしていましたが一向に人の気配がないのであきらめて
登山道分岐まで下ります。それで謎の廃道の探索をして水沢峠を目指します。
水沢峠到着後に時間、体力あれば水沢岳にも登頂する予定です。
水沢峠ーMTB (中編)へ続く


下記の「#MTB」のタグをクリックしていただくとMTBでの探索日記一覧をご覧いただけます

PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


にほんブログ村
×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。