ブラックダイヤモンド ベクター購入

登山アイテムの追加の報告です。


それは登山用ヘルメット。
北アルプスの岩稜帯を歩く時には必需品であり、以前から地元の鈴鹿山系でも
御在所岳等の岩のルートを歩くときにはヘルメットの必要性を感じていました。
しかし金銭面の都合で登山用ヘルメット購入するまでの余裕が無く今までは
MTB用の半ヘルで古くなり使わなくなったのを登山用として使用していました。
ただしやっぱりMTB用は登山用ヘルメットのように軽くなくしかもかなり
使いこんでおり性能的なところも不安な物でした。


ってことで今回思い切って新品の登山用ヘルメットの購入をするに至りました。



で、色々ネットで調べてみて数あるヘルメットの中からデザイン、価格で
2つに絞り込みました。


まず一つ目は「ブラックダイアモンドベクター」(今回購入したもの)


デザインもオーソドックスな半ヘル。
色々調べる中、登山用、特にクライミング用のヘルメットのデザインは
一歩間違えると工事現場的デザインの物も多くちょっと抵抗ありました。
これは馴染みのあるMTB用の半ヘルのデザインと大差ない感じなので
抵抗なく被れそうってのが選んだ理由。


ただし、オーソドックスなデザインの半面、目新しさが全く無く面白みに
かける感じ。




で、ちょっとチャレンジしたのを探して見つけたのがこれ、




「グリベル サラマンダー」
カッコイイ~!いかにもクライマーって感じのデザイン。
しかしこんなん被ってて岩場でおろおろしていたら逆にカッコ悪いかも・・
ただしこのヘルメットもう今は廃番らしく「サラマンダー2.0」ってのに
変わっているそうです。



で、これがサラマンダーの2代目の「サラマンダー2.0」
これなら今でも購入出来るようですが、デザインが・・・・
特に黄色、安全第一的なヘルメットに見えてしまいます・・・・



で、たどり着いた2つ目の候補がこれ、



同じくグリベルの「ステルス」
まず、名前がカッコイイ!
で、デザインはなんとなくビミョーな所ですが斬新ではあります。
しかもステルス的な多角形なデザインでレーダーに探知されにくいという特性も
あるそうです・・・嘘です・・・・(笑)
しかし、この斬新さもありかな~なんて思い、初めに書いた ブラックダイアモンドの
ベクターかこのグリベルのステルスかどちらかしようと決めました。


で、いざ購入となると被り物だけにネット通販ではちょっと心配。
手にとって、被ってみてフィッテングもしてみたく思います。
しかし、私行きつけの好日山荘を筆頭に量販店ではベクターもステルスも
置いてない様子。
いろいろネットで調べた所、自宅から車で3~40分程の所にある
登山用品の専門店を見つけました。


それがこちら、


「シャモニー」ってお店。
登山用具やクライミング用品、BC系のスキー、ボード用品なんかもありました。
そしてなんと店内の壁にはボルダリングの壁がありましたよ。
そこで目当ての2つのヘルメットも在庫あり被り比べさせていただきました。
(好日山荘での靴選びの時のような画像はありません、写真撮る勇気ありませんでした)



で、出した結果は・・・


「ブラックダイヤモンド ベクター ブラック」でした。


「グリベル ステルス」も非常に軽く被った感じも良かったのですが、
やっぱりデザインが微妙・・・
白人系の顔立ちならカッコよく見えるのかもしれませんがいかにも東洋系の
顔立ちの私にはちょっと抵抗がありました。




これが購入したベクター。




箱から出すとこんな感じ。
オレンジ色と迷ったのですが無難なブラックにしました。




後ろはこんなんです。
大きくベンチレーター用の穴が開いています。





今まで使っていたMTB用のヘルメットとの比較。
大きさはやや小ぶりっていう程度。




後ろの比較。





次は重さ、MTB用は458グラム。




ベクターは244グラム
重さはMTB用にくらべておおよそ半分程。
軽いですね~。






黒色のヘルメットに黒のロゴマークってのっが目立たなくて却ってカッコよく見えます。
けどやっぱりシンプル過ぎるのでまたステッカーでも貼って賑やかにしようかな~。





OGKのヘルメットさん、長い間お世話になりました。
ありがとうございました・・・



終わり・・・


ではなく・・・


いつものおまけ・・・




後日、アマゾンの箱が自宅に届きます。





中にはこんなものが・・・
良く見ると書いてありますね、ヘルメットホルダーって。
ヘルメットをザックに固定するための物です。





広げてみるとこんな感じ
私のザックはドイターですのでミレーってのがちょっと抵抗がありましたがどんな
ザックにも固定できる汎用性が高いのがこれでした。





これがザックにヘルメットを取り付けた状態。
ザックの中身がほとんど入っていないのでザックつぶれちゃってますが、こんな感じ
になります。


またまた山へ行きたくなってきました~。
しかしこのヘルメットを被って歩くにはそれなりの山へ行かねば・・・・



終わり。



PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。