モンベル、カジタックスアイゼン購入

年末の藤原岳への忘年登山で雪山の楽しさを再確認した私は以前から欲しいと
思っててもなかなか踏ん切りの付かなかった本格アイゼンを購入しました。
その詳細をお伝えしますね。


ちょっとマニアックな感じなので雪山に興味ある方、どうぞ~(^^)/


まず、購入するにあたってアイゼンの種類を考えるのですが、大きく分けて三つ
あります。


ワンタッチアイゼン
登山靴のつま先、かかと部にアイゼンを装着する為のコバと言われる部分がないと装着出来ません。


セミワンタッチアイゼン
登山靴に上記のコバがかかと部にあれば装着出来ます。


ハーネスアイゼン
コバがない登山靴にも装着出来ます。


これが私の登山靴、かかとの黄色い出っ張りのある部分がコバ。
つま先にはコバがないタイプなのでセミワンタッチを選びます。


次は、爪の数。


爪の数4本~6本
軽アイゼンと呼ばれる物。
夏の雪渓や低山の雪山での使用を考えられた物。


爪の数8本~10本
本格アイゼンと軽アイゼンの中間的な物
本格雪山に行かない、靴が小さくて12本爪では合う物がない場合の物


爪の数12本
本格的な雪山に対応する一般的なアイゼン。


大まかにこんな感じで区別されるアイゼンですが、鈴鹿の雪山なら昨年購入
したモンベルのスノーポンの軽アイゼンでも対応出来そうですが、今後の登山の
ステップアップも視野に入れ12本爪を選びます。




これが12本爪のアイゼン、グリベルG12
登山用のヘルメットを購入するときにもこのメーカーも候補に入っていました。
このメーカーの登山用品は黄色のイメージカラーでなぜかかっこよく見えちゃいます。
しかしこのメーカーは友人Y氏がすでに購入していました。





次に選んだのがこちら。
モンベル カジタックスアイゼン 



セミワンタッチアイゼン 12本爪 LXB-12
さすがモンベル、海外製の製品よりかなりリーズナブル。
しかし、この製品を選んだのは金額だけではありません。
それはこんな風に使えちゃうからです。





このアイゼンを装着したままスノーシューを履けちゃうのです。
こんなこと出来ちゃうのはモンベル製品だけです。
他のメーカーだとアイゼンにはかんじきしか装着出来ないのです。
もちろんこのカジタックスアイゼンにもかんじき装着も出来ます。
かんじきはコンパクトですし軽量なので急峻な地形ではかんじきの方が取り回しが
楽であったり、装着しないときの持ち運びが楽であったりという利点もあるようですが
昨年購入したモンベルのスノーポンで浮力の高いスノーシューの良さを実感しているので
この製品に非常に魅力を感じました。
また、私はの登山は平日メインになるので誰のトレースもない深雪を歩く可能性
も高いのでスノーシューは是非とも欲しいアイテムなのです。



こんな感じでこのモンベルカジタックスアイゼンアイゼンを選びました。
しかし、アイゼンという物は実際に装着する登山靴との相性があるそうなので
店舗へ行ってフィッティングしてもらう必要があります。


ということで正月休みの最終日、モンベルショップへ我が登山靴持参で行ってみることに・・




さすが、正月休みですね、駐車場に入るにも渋滞です。





なんとか駐車でき、モンベルショップのあるイオンモールへ向かいます。







まるで、通勤ラッシュの駅構内のような人混みをかき分けてモンベルショップに
到着。
早速店員さん呼んでアイゼンのフィッティングしてもらいます。





店員さんに実際に装着してもらいフィッティングを確認してもらいます。
2つのサイズを付け比べてもらいよりフィットする方を選んでいただけました。
私、モンベル会員で送料かからないのでモンベルWEBショップからの通販でも
良かったのですがやっぱり身につける物はちゃんとフィッティングしないと
駄目ですね。
とくにアイゼンは使う状況が状況なのでしっかり合わせておかないと命にも関わります。


で、無事、フィッティングも問題無く購入決定です。


その他の商品も2点ほど購入しました。







購入しちゃいましたよ~!






早速、自宅で装着の練習してみます。








まずかかとをアイゼンに入れます。





次につま先を合わせてかかとのレバー部をコバ部に引っかけて引き上げます。
強さはレバー部のアジャスターで調整出来ます。






レバーがパッチンと上がったらOK。







次は紐をつま先へ通して・・





紐をバックルへ通してぐーっと力かけて引っ張り込みます。






ひっぱり込んだら余った紐をこんな風に巻き付けます。
余分はカットしても良いそう、何回か使ってみて切った方が使い勝手良さそうなら
切るつもりです。






装着完了!






やっぱり、本格アイゼン、爪が迫力ありますね~。


早くこれ履いて雪山行ってみた~い!


けど次はピッケルを購入しないと・・・
それとせっかくなので「カジタックスアルパインスノーポン」も欲しいしな~。
そうなると本格雪山対応のアルパインジャケットなんかも欲しくなりますしね~。
う~ん、雪山はお金がかかりすぎます・・・



おまけ~




こちらは別途購入したアイゼンケース。






ケースの背面にはベルトを通せるループがありザックの外側に装着できます。
けどザックへの外付けは、スノーポン、トレッキングポールもあるのでこのケース
取り付け出来るのかな~?





そして・・・床に敷いてあった新聞を片付けると・・・・



アイゼンの爪が新聞突き抜けてフローリングに爪痕がいくつも出来てました・・・汗


自宅で試し履きするときは少年ジャンプの上で行いましょう!笑



終わり


PVアクセスランキング にほんブログ村にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。