多度山ーMTB vol.4(中編)

南大垣線27番鉄塔からのダウンヒルスタート。
木々に覆われた林道を駆け抜けると突如景色が開けました。
なんとかなりの絶景です!
なので急停止してしばし景色を見ながらの休憩に予定変更します。



ちょっと霞んでいますが養老山系では珍しくかなりのパノラマの景色です。
冬の済んだ空気なら遠くの伊勢湾も確認できそうです。






いなべ方面の景色。

先日探索した西部西名古屋線の鉄塔のある尾根がすぐ隣に確認できます。





多分ですが画像の赤白鉄塔が西名古屋線の21番、画像右側のグレーの鉄塔が
舗装林道終点脇の鉄塔19番と思われます。





振り返った画像。
南大垣線の27番鉄塔、その後は西尾張線26番鉄塔です。
しかしこの林道かなりの森林伐採されて造られている感じです。
そのおかげで見晴らしはいいのですが出来ればシングルトラックだった
ルートを下ってみたかったなという思いもあります。





休憩&写真撮影後、新しい林道を下っていきます。
浮砂利&完全ドライな路面。未知のルート探索の為のパンク対策でかなり高めの
エアー圧。よってかなりスリッピーな状態でのダウンヒルです。
ちょっとしたギャップやこう配が急なためブレーキング時のリヤ加重不足で
スライド多発です。かなりスリリングですがそれがかえってテンションを上げる
こととなりいつになく飛ばして下っていきます。






途中鉄塔の案内看板発見で急停止します。
MTBを担ぎあげ鉄塔確認に向かいます。






シングルトラックを進むとすぐに出てきました。
南大垣線25番鉄塔。飛ばしすぎて26番鉄塔はいつの間にか見逃して
しまっているようですね。








鉄塔過ぎると急斜面のシングルトラックになります。
林道が出来る前まではこんな感じのルートが麓まで続いていたのでしょうか?





ほどなくして新林道へルートはつながりました。





林道を少し進むとまた鉄塔へのルート発見。
ここもMTB担ぎあげて進んでみます。






林の中のやせ尾根を進みます。






途中、養老山系の縦走路の尾根もすぐ隣に確認できます。






鉄塔に到着。ここまで来ると何番鉄塔か確認するのを忘れてしまいました。

ルートは鉄塔下をくぐり続いていきます。





絶景を見ながらのシングルトラックダウンヒル。

上に見える鉄塔の高架線がゲレンデのゴンドラのワイヤーのようで
景色と相まってゲレンデダウンヒルを思い出させます。











しかしシングルトラックはかなりの急斜度をガレ&落ち葉たっぷりで
かなりハードです。
私、久しぶりにこの撮影現場の手前で転倒をしてしまいました。
で、写真撮影後にカメラをポーチにしまっている時、脇を通っている新林道
を数台のMTBの下る音が聞こえてきましたがあっという間に通り過ぎて
行ってしまいました。
しかしその後このシングルトラックの出口付近の新林道の傍らで先ほど
下って行ったと思われる方たちが休憩しておりました。
あいさつ後少しの会話をします。その方たちも誰かに聞いて初めてここを訪れた
そうです。ただその人たちは完全なダウンヒルスタイルな感じでフルフェイスの
ヘルメットに万全なプロテクターでここはゲレンデかって思うくらいの出で立ちでした。
(私もゲレンデダウンヒル始めたころは多度山にDHバイクとフルフェイスという
組み合わせで下ったこともありますのでその方たちの気持ちは良くわかりますが)

その方たちに別れを告げ一人下ります。





暫くで出てきた鉄塔、林道わきにあります。ここも何番鉄塔かは
確認しておりません。





その後ただひたすら下りのスリッピーな林道を飛ばします。
先ほどよりかなりペースが上がっています。
というのは先ほどのダウンヒルな方々に追いつかれるのがしゃくだという変な意地を
だして精いっぱい飛ばして下ります。
しかしそれもやがて限界を超えます。
ブレーキングで豪快にスライドしたテールを立て治せずそのままスリップダウン。
本日2度目の転倒です。こんなにこけるの久々です。
しかしおおよそ予期出来た転倒の為、右ひざプロテクターを地面にすっただけですぐに
立ち上がり再スタート出来ました。
ちょっと追いつかれないか心配で振り返ったりしますがダウンヒルな方々の姿は
ありません。





そんな感じで夢中で下ってきたらあっという間に麓に到着。
なので飛ばし始めてからは写真ありませんのであしからず。
なんか涸れた川に出ました。
K集落への舗装林道へつながる予定でしたがその林道は見当たりません。
河原をうろちょろしてやっと舗装林道へつながる坂道を発見。





やっと舗装林道へ出ました。
なかなか景色も良く楽しい林道ダウンヒルでしたが後半飛ばしすぎて旧道の
シングルトラックや鉄塔の探索をしないまま下りてきてしまいました。

そのため予定時間より早く麓に着いたのでK集落からの舗装林道の終点まで登って
みようと思います。





今から新緑に覆われた舗装林道の探索に出かけます。



続きは(後編)  おたのしみに~


PVアクセスランキング にほんブログ村 にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ


にほんブログ村
×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。