二之瀬峠ーロードスター

車検後の上がった車高のダウン、フロントアライメント(キャンバー)を調整し直し
試乗のために自宅より4~50分の二之瀬峠へ向かいました。



天気もよく藤原岳がよく見えます。
画像では分かりにくいですが山頂あたりと藤原岳の後に見える御池岳(たぶん)
が冠雪しております。今シーズン初ではないでしょうか。



藤原岳が近づいてきました。冠雪が確認出来ます。



国道より折れて県道を進みます。集落の中ですが道幅もあり走りやすい道です。
県道は二之瀬峠を越えると看板に書いてある海津(岐阜県)へ続きます。




いよいよここから峠道に入って行きます。



山に囲まれた谷沿いの峠道を登って行きます。




途中に割と大きな採石場があります。



その後も谷沿いの見通しのきかないやや狭めの道が続きます。
なので気持ち良く走れる峠ではありません。



もうすぐ県境ですがその手前に右へ入って行く林道があります。
この林道が以前紹介した多度山へ尾根伝いにつながっている林道です。
またいつかこの林道もMTBで再チャレンジしたいと考えております。


林道の入り口にいくつかの看板が立っています。
某有名企業の名前の森の看板が目に付きます。その企業の出資で植林でもしている
のでしょうか?



林道入口過ぎるとすぐ県境です。なのでここが実際の峠です。



ここが県境の様ですが、なぜか何処にも二之瀬峠との案内看板はありません。



岐阜県側に入るとすぐ右手に公園が現れます。
なのでちょっと休憩がてら寄り道します。


こんな感じの公園です。
車は駐車場に停めて徒歩にて展望広場へ行ってみます。



画像を良く見ると小さな白い点々がおわかりいただけると思いますが、
時より強風にまみれて小雪が舞ってきます。
なのですごく寒いので小走りで展望広場へ向かいます。



もうすぐです。



ここです。岐阜、愛知の景色が一望できます。



名古屋駅のツインタワーも良く見えます。



岐阜方面の景色。
私が自動車免許を取得したころ(約25年前)は自動車でこの場所まで乗り入れ
出来ました。もちろんこのような綺麗な公園ではなかった気がしますが
その頃の僕たち若者の間では夜景がきれいに見えるデートスポットで有名でした。
非常に寒いので写真を撮ったらまた小走りで車へ戻ります。



で、二之瀬峠岐阜県側を下ります。



三重県側に比べて景色が開けているのと斜度がやや急な感じがします。



すれ違い困難な箇所が何カ所かあります。なのでこちらもまた気持ちよく
走れません。




岐阜県側はダイナミックに下って行く道が見渡せます。



上の斜面に先程通ってきた道が確認出来ます。



下り3/2位過ぎたあたりからセンターラインが出てきます。
なのでこのあたりから気持ちよく走れる感じです。




がそれもつかの間で民家が出てきました。峠道も終了の様です。
なので適当なところでUターンして、来た道を戻って帰ろうかと思います。



Uターンしたところで見かけた道路情報。
しかしこの峠、何処にも道路には二之瀬峠との看板を見つけられませんでした。

この峠山頂の公園からの眺めは良いのですが、車での走りがいは今一つな感じです。


おわり


いつものおまけ



で、今日本当の目的の足回りのインプレッションは言うと、

あまりがっつり走れなかったのですが、低速コーナー、交差点等の直角左折等
ではノーズの入りが若干良くなった気がします。
また高速コーナーも以前よりステアの手ごたえが増した感じはします、
なんとなくですが。
しかし良いことばかりではなく直進安定性は若干減ったかも、気になる
程ではありませんがね。
なので全体的にはGOODですね~。
これからはこの近辺の峠は冬期通行止めの所ばかりになってしまうので
久々にサーキット行きたくなりました。




紅葉の綺麗な木の前での一枚。



帰り道に二之瀬付近から見える藤原岳。山が白く霞んでいるのは雪が降っていると
思われます。煙突から煙を出しているところは麓にあるセメント工場、かなりの
規模です。



終わり


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。