LEKI トレッキングポール購入

久しぶりのブログ更新です。
ここのところの休日はもう一つの趣味の車やら釣りやらにうつつを抜かし山に
行けてません。
しかし山に興味無くなったのではありませんよ~。


この冬はスノートレッキング用にスノーシュー(モンベルスノーポン)を購入し
冬山登山の魅力に取りつかれてしまいました。
しかし、冬山の装備はまだまだ持っておらず揃えて行きたく思ってますが冬山対応
の装備ってのは夏のものに比べすべてにおいて値段が高いのです。
なので私のお小遣いではなかなか一度には揃えられません・・
ってことでこの冬はスキー用のストックを使用していましたが雪の無い所を
手に持って歩くのはちょっと恥ずかしい感じ。
また夏の北アルプスの縦走なんかの時は足腰の負担を減らす為に使用出来る
ってことでトレッキングポール(ストック)を購入することとなりました。


で、購入すると決めたのは・・


「LEKI SPD2ソフトライトDSS」税抜き15500円
ドイツ製。2年間の品質保証付き。
通常使用の範囲での破損等があれば保証してくれるというもの、安心ですね。





一緒に雪山用にツアリングバスケットも2個購入。





「ツアリングバスケット」税抜き650円(一個)
雪上でポールの先端が雪面に深く刺さりこまないようにする為のもの。
今付いている小さなバスケットと付け替えて使用します。


トータルにすると私の小遣いの中では結構な金額なっちゃいました・・


もちろんメーカー、機能にこだわらなければお値打ちな物もあるのですが
ネットなんかで調べれば調べるほど良い物が欲しくなってきます。





この商品の最大の特徴はポール長さ調整のロックが簡単確実に開放、固定出来る
「スピードロック2システム」なのです。







緑色のレバーを開いて・・






ポールを伸ばして好みの長さにします・・






緑のレバーを戻してロック。







こんな感じになります。
スピードロックシステムは他のメーカーでもよくあるシャフトを回して固定する
タイプに比べて簡単確実に、グローブはめたままでも出来るシステムです。





もう一つの特徴は「ダイナミック サスペンション システム DSS」
2016シーズンに新しく登場した衝撃吸収システム。2017NEWモデルの多くに搭載しました。下段シャフトに配置することで、ポールを突いた時の衝撃を手首から遠く、地面から近い位置で直接吸収。最大時の衝撃を約40%軽減し、関節、筋肉、靭帯への影響を緩和します。従来のアンチショックシステムのバネのような沈み込み感がない、自然な使用感も特長です。(LEKIのH/Pより抜粋)
緑のレバーの右横にあるグレーの部分がそのDSS。


上記の従来のアンチショックシステム搭載のものも店頭にあり作動させてみましたが
ストロークが結構ありいかにもサスペンション的な動きをしていました。
その動きは「本当に必要?」って感じるほど。
アンチショックシステムと比べるとDSSはサスペンション的な動きは全くなく、
言うならば車に詳しい方なら理解していただけると思いますが車の足周りに装着され
ているゴムブッシュのような感じですね。


また一つ登山のアイテムが増えました。
てことでまた山へ行く楽しみも一つ増えました。


また今度春の鈴鹿の山で使ってみようかな~、楽しみです・・・



終わり



PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。