忘年登山2016 藤原岳ーTREK

前回の御在所岳登山から約2カ月、久しぶりのブログ更新です。
ここのところもう一つの趣味のロードスターの遊びに夢中になっていました。
その為ブログも「みんカラブログ」へ車ネタ中心でアップしておりました。
興味ある方は下記をクリックしてみてね~。

恒例になりつつある友人Y氏とF氏との年末登山の様子をお伝えします。
行き先は三重県の鈴鹿山脈の北に位置する藤原岳。
実は昨年も年末登山としてここ藤原岳に今回のメンバーと登っています。
なぜ藤原岳なのかというと、この時期は鈴鹿山脈といえど北部はかなりの確率で
積雪しています。
そんな中、冬装備をほとんど持たない私達にはその他の山ではちょっと心配なのです。
この藤原岳の良い所は今回予定している大貝戸道の登山道は整備がしっかりされており
多少の積雪なら冬装備がなくても問題なく登れます。
それとこの山最大の特徴は山頂付近に山小屋(無人の避難小屋)があるのです。
なので、たとえ吹雪いてきても快適にランチ休憩が出来るのです。
ってことで昨年と同じパターンにはなりますがこの藤原岳の登山をすることとします。


いつものことですが友人との山行なので道中の写真はありませんのであしからず・・





8:15 いきなりですが藤原岳大貝戸登山道入り口駐車場到着。
今回の車は友人Y氏のイカついJEEP。
ちなみに昨年はF氏のアストロで来ています。
なぜか私の周りにはアメ車好きが多いのです・・・






はい!お決まりのいつものポーズを決める友人Y氏。
その横で見よう見まねで友人F氏もポーズ決めてますね(笑)






8:30
準備をすませ登山道へ向かいます。
神社の鳥居脇の道へ進んで行きます。
鳥居のたもとには門松が設置されていますね。
今はひっそりとしていますが明後日にはたくさんの人が来るのでしょうか?






序盤は落ち葉の敷きつめられた階段状に整備された登山道が続きます。






階段状の登りをひたすら登ってきます。
4合目まで来ると日蔭にはうっすらと雪が被っています。






6合目通過。






7合目通過。
辺りはかなり白くなってきました。






8合目到着。
ここからは昨晩積もったと思われるふかふかの新雪になってきます。





冬装備を持っていない私達にとっては油断すると滑ってしまいます。
慎重に歩みを進めます。






木々の間から遠く冠雪した伊吹山が見えます。






雑木林の木々の間から陽が差しています。





9合目到着。
ここからの景色が下の画像。





いなべから養老山脈が奇麗に見渡せます。






自慢の一眼を構える友人Y氏。
ちなみに彼のカメラは最近購入したニコンのD750という機種だそうです。
結構な値段するカメラのようです。
今回の山行ではいたるところで彼のニコンが火を吹いていましたよ~(笑)





日蔭の登山道はふかふかの新雪で良い気分です。






山頂方面も見えてきました。






あの先に藤原岳山荘があります。





10:15
藤原岳山荘へ到着。





山荘周辺の木々は樹氷となっています。







青い空、白い雲、そんな中の雪と樹氷、良い感じです。





そんな樹氷たちをカメラにおさめる友人Y氏。(奥)


手前の友人F氏はスマホでポケモンGoに夢中!?(笑)





昼食にはちょっと早いので藤原岳展望台へと向かいます。
ちなみに藤原岳山頂は地図で見るとセメント採石場付近にあり登山道は無い様子。
登山される方は皆展望台を目指して登ります。





天気は良いのですが風が強く上空の雲が勢いよく流れていきます。






気がつくと友人Y氏に狙われています。
まるでスナイパーのようです(笑)





雪の斜面の登山道を登って行きます。
写真で見ると優しそうですが実際は結構で急で大変です。





振り返るとこんな感じ。
友人F氏は相変わらずポケモンGOに夢中!?






それにしても良い天気です。






展望台が見えてきました。






10:40
標高1120m 藤原岳展望台へ到着。
少々風強いですがよい天気で最高です。
それでは展望台からの少し景色をどうぞ~。







伊勢湾が光っています。




南、御在所岳方面。




東 桑名方面。




西、御池岳方面。





樹氷も奇麗に見えます。





自然の力ってすごいですね・・・





景色を堪能したらおっさん3人で記念撮影。
これからも毎年記念撮影出来たらいいですね~。





その後来た道を引き返し、藤原岳山荘で昼食をいただくこととします。






山荘(避難小屋)の重い扉を開けて中に入ると、





結構な人数(写真にはない後ろ側の席にも人がいます)方が休まれていました。




ランチタイムです。
いつもグルメな友人F氏の本日のメインはいつもの炒めウインナー。
もちろんおすそ分けいただきました、ごちそうさまでした。





食後はコーヒー&デザートでマッタリ過ごします。
女子じゃないですが、こういうひと時って楽しいんですよね~。






休憩後天狗岩を目指します。
ランチで温まった身体には風が非常に寒く感じられます。






山荘から10分程歩くと開けたところとなり周囲の下界が見渡せます。





樹氷越しに遠くに見える伊吹山。





養老山脈越しに見える名古屋の市街地。ツインタワーも確認出来ます。






強風の中、そんな景色を眺める友人F氏。
決してイ〇ラム国の戦闘員ではありません・・・(笑)





樹氷と青空、絵になりますね・・・




その後、雪の雑木林を進んで行きます。





天狗岩方面へ進みます。






見えてきました天狗岩。
先行者が数名みえます。





12:40
山荘から約30分、標高1165m天狗岩到着。





景色は藤原岳展望台の方が良い感じ。





御在所岳方面の景色。
写真撮影したり、マッタリしたりで10分程で下山します。





来た道を戻ります。






雪面というキャンバスに描かれた葉を落とした木々の影。





藤原山荘の屋根が見えてきました。





山荘を過ぎて朝登ってきたルートを下ります。
下りは登りと同じなのでほぼ省略しますね・・・




7合目付近。
斜面が白と茶色のストライプになってます。






6合目過ぎるとほとんど雪は無くなります。





14:50
無事下山。
無料休憩施設でちょっと休憩、シューズの汚れを落として片づけをします。





その後いつもの温泉施設へ向かいます。
ちなみに画像左側の山が今回登った藤原岳。





ここで冷えた身体を暖めます。



温泉を上がってからは本日のメインイベント?の焼き肉忘年会へ向かいます。





ジムニー乗りの友人K氏も加わり4人で忘年会の始まりです。


今年一年お疲れさまでした~!


来年もいっぱい遊びましょう~~!


って感じで焼き肉お腹いっぱい喰って、ビール飲んで楽しいひと時をすごしました。



来年もみんなで集まれるといいな~。



終わり








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。