御在所岳 本谷ルートーTREK Vol2(中編)

本谷ルート最上部まで登ってきました。
目印となる白い鉄塔もかなり下に位置していますね。
ただし大黒岩までは最後の一登りが待っています。



この画像の右に位置しているほぼ垂直の岩壁の上に大黒岩は位置しています。





ここから大黒岩を目指し登ります。
ここにもロープが下がっています。
この先は崖を登るようなルートでロープ使わないで登るのはかなり
辛い感じです。
しかし、ここまで来たら意地でロープは使いません。
木の根や時に草の根付近をつかんで登ります。
登りきった時には手足が泥だらけ、ちょっと後悔・・


結果、ここは安全の為にも素直にロープ使いましょう。




登りきるとすぐに大黒岩の看板が出てきます。





目の前に大きな岩が現れます。





大黒岩の脇に面白い岩発見。





この支えになっている岩を外したらどうなる・・?





そんな岩を見ながら大黒岩の最先端へ向かいます。






大黒岩の最先端へ到着。
高所恐怖症の方には耐えがたい所と思われますがやっぱり御在所ではここが一番!


それではここからの景色を幾つか紹介します。






じゃ~ん!


絶景です!



すぐ眼下に湯の山温泉街。
その向こうは濃尾平野。そして霞んでいますが伊勢湾も確認出来ます。






右手には雲母峰越しに白く輝く伊勢湾。





左手には奥には多度山からの養老山脈が少しですが見えます。





右手真横には何処となく槍ヶ岳的な形の鎌ヶ岳。




振り返ると滋賀県の山々が連なって見えます。





こちらは望遠での画像。
湯の山温泉街。





私が停めた駐車場もはっきり見えます。





私の車も確認出来ます。
奥側の列で右から7台目の白いミニバンです。黒い車に挟まれている車両です。





一通り景色を堪能して写真も撮ったので、ちょっと早いランチとします。





今回のランチもいつものおにぎりとカップ麺でしたが、上天気で時間もたっぷり
あるのでコーヒー淹れてゆっくり~、マッタリ~、で絶景を楽しみます。





充分に景色&ランチを楽しんだ後、登山道へ戻ります。






登山道へ戻る途中に大黒岩の端から本谷を覗きます。
やっぱり凄い標高差です。






登山道の看板。
看板には登ってきた本谷は上級者以上のルートと記されています。





大黒岩から5分程歩くと山頂公園へ出ます。
紅葉してますね。
ここから下る予定の中登山道入り口へ向かいます。





山上公園の舗装された遊歩道を進みます。
途中に出てくるスキー場のゲレンデ。規模は小さいですが三重県唯一のスキー場。
御在所岳の三角点のある本当の山頂は画像中央の山のてっぺんにあります。
が、大して見晴らしも良くないので今日はスルーします。





御在所岳の横の国見岳。





山頂遊歩道から、中道への下山口発見。






このように遊歩道から左へ折れて行きます。





中登山道へ入るとすぐのルート脇にフェンス囲まれた個所が出てきます。
藤内沢で登ってくると一般的にはここへたどり着くようです。
前回のチャレンジした時はルートミスしてここにはたどり着けませんでしたが・・






本格的登山道になる手前に富士見岩という展望台が出てきます。






展望台は先ほど登ってきた本谷ルートを横から見れる感じです。





本谷ルートからは見上げていたゴンドラをここからは見下ろす感じですね。





こう見ると本谷の斜度の急さが良く分かりますね。
よくもまあ、あんな斜度の斜面を登ったものだと我ながら感心します・・・





ランチ休憩した大黒岩も良く見えます。
画像中央の平らになった部分に座り休憩していました。
後ろにある斜めの岩がちょうど背もたれになって昼寝にもちょうど良い感じです。
本谷を訪れた際はぜひお立ち寄りください~(笑)




ここからは中登山道の本格的な下りになります。


続きは後編で~、お楽しみに!



続く

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。