ボルダリングジム

先日、初めてのボルダリングジム体験をしてきました。
その様子をご紹介しますね。


私、約1年前に登山を始めてから、いつかは剣岳や穂高連峰のような岩山登山に
憧れています。それにはボルダリングの経験もしておいた方が良いと山の雑誌等にも
よく書かれていたのでずっとやってみたく思っていました。
友人たちも違うジムですがよく行っているようですがなかなか休みが合わず行けず
仕舞いでした。


そんな中、偶然にも私の職場の女性スタッフの友人がジムを始めたと聞き、休日に
職場の女性スタッフ2名と私(両手に花?状態)で行ってみることにしました。



私の職場にほど近い所にあるクライミングホームunoです。
詳細はこちらからどうぞ「クライミングホームuno





内部の様子。
初めてなのでわくわくドキドキですね~。
ちなみに外観は写真撮るの忘れたので上記のリンクのフェイスブックで見てね。






受付の様子、出来たばっかなので木の良い香りが漂っています。





キッズ教室なんかもあるようです。





こちらは更衣室やお手洗いです。





こちらは料金表。
今回は、3人共初めてですので登録料、レンタルシューズ、次回割引クーポン付きの
体験パックを予約してもらっていました。





こちらはレンタルシューズ。「イボルブ」というメーカーのシューズ。





シューズを履いたらクライミグホームunoのオーナー兼、講師のケンさん
にボルダリングジムのルールや基本を学びます。





その後初級の課題を一人一人チャレンジしていきます。見ていると簡単そうですが、
実際にやって見ると手足の運び方の難しさに気付きます。





一人ずつ交代で初級の課題にチャレンジ。
下で見ている外野からは、あーでもない、こーでもない言えますが
実際するとこれが難しいですね~。
迷った時や、分らないときは講師のケンさんがレーザーポインターを使って
次のホールドへの手や足の運び方を教えてくれます。





普段は使わないような筋肉も使ってなんとか課題をクリヤーしていきます。





課題の最終はこの壁面の上部まで上がってクリヤーです。
初級なので技術的な難しさはあまりないですが上に上がって見ると
高さにちょっとビビってしまいます。





登りきると渡り廊下を通って・・・






2連の滑り台で戻ってきます。
アスレチック的な楽しさもありますね。
ちなみにここの壁はキッズ用です。登りきったら滑り台で戻るという大人も子供も
楽しめるようになっているのが良いですね。



始めてから約3時間、3人共、無事?初級の課題をすべて終えました。
一人1時間って感じですが、あっという間でしたね。


その後、ケンさんとその奥さま、私たちで談笑タイム。
気付いたら16:30。
もうすぐキッズ教室の時間なのでここで解散となりました。


クライミングホームuno、アットホームな感じで非常に楽しめました。
これからボルダリングを始めたい人、もうバリバリにやっている人、
どんな方でも暖かく迎えてもらえるそんなジムですよ~、お勧めです!



帰りがけに、他の壁もちょっと拝見。


ここはかなりハードな感じ。





こちらは一見簡単そうに見える壁ですがホールドはどれも小さいので難しそう・・


ほかにもロープクライミング用の壁も現在作成中でした。






外はすっかり夕暮れ、鈴鹿の山の稜線がくっきり見えますね。
今度はどこの山へいこうかな~・・



終わり




PVアクセスランキング にほんブログ村ブログランキング・にほんブログ村へ


にほんブログ村
×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。